女性の不妊治療について

女性の不妊治療について。検査、治療方法、治療期間などをご紹介しています。不妊治療は一般不妊治療と生殖補助治療の2種類があります。性交のタイミング治療、薬物治療、手術による治療を行い、効果が出ない場合は体外受精などの高度医療に移っていきます。
トップページ不妊症の基礎知識女性の不妊治療

女性の不妊治療について

女性の不妊治療について

もしあなたが不妊症ではないかと疑ったとき、病院で検査を受けることをお勧めします。しかし、「どのような検査が行われるのか」「治療法はどんなものなのか」「期間は?」など、さまざまな疑問や不安が生まれることでしょう。
ここでは、不妊検査の実際と、治療法の概要について考えてみましょう。

不妊検査

男性不妊とは違い、女性不妊にはさまざまな原因が考えられます。したがって、受ける検査も多岐に渡ります。検査は大きく分けて「一般不妊検査」と「特殊不妊検査」の2種類です。一般不妊検査はすべての女性が受けるもので、基本的な項目をひと通り調べます。この検査で詳しい検査が必要と判断された場合は、特殊不妊検査を受けることになります。

一般不妊検査
基礎体温の測定に始まり、子宮卵管の造影検査や何種類もの負荷テスト、性交後の膣内・頸管粘液の検査、抗精子抗体の検査などを行います。この検査とともに、問診と内診、触診も行われます。

特殊不妊検査
一般不妊検査で異常の可能性があると判断された場合、腹腔鏡という機材を使った検査や組織検査などを行います。これらさまざまな検査を通じて、原因を究明し治療していくことになります。しかし、これらの検査でも原因が究明できない場合は、治療方針が立てにくい原因不明の不妊となります。腹腔鏡を使った検査は施術になるため、数日の入院が必要になりますが、それ以外の検査では時間はかからず日帰りで受診できます。

不妊治療の概要

不妊症であると診断されると、治療を行っていくことになります。不妊治療には大きく分けて『一般不妊治療』と『生殖補助医療(高度医療)』の2種類があり、よく「不妊治療を受けている」と言われるもののほとんどが一般不妊治療にあたります。「不妊治療の薬の影響で太った」と言われますが、これはステップ2の薬物治療のことを指しています。

さて、実際の治療ですが、ステップ1で「性交のタイミング指導」、ステップ2で「薬物治療」、ステップ3で「手術による治療」へと進み、最終的には人工授精という方法に至ります。一般的に各ステップをそれぞれ6か月(約2年間)を目安に行いますが、それでも妊娠しない場合は『体外受精』などの生殖補助医療(高度医療)に進むことになります。

人工授精については、保険適用外になるため、高度医療に分類される場合もあります。また、不妊治療には保険が適用される場合とされない場合があるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.