妊娠出産適齢期について

妊娠出産適齢期について説明します。かつては30歳を目安に高齢出産と言われていたものの、医療の進歩などにより今は35歳以上の初産が高齢出産です。年齢を重ねると卵子の減少、妊娠能力の低下、婦人科系疾患、男性機能の衰えなどのリスクが高まっていくので、初産年齢は重要なポイントです。
トップページ不妊症の基礎知識妊娠出産適齢期

妊娠出産適齢期とは

妊娠出産適齢期とは

高齢出産という言葉を聞いたことがありますか? 耳にしたことがある方も多いでしょう。かつては30歳を目安に高齢出産と言われていましたが、効果的な薬剤の開発や医療、機器の進歩、食生活の向上による栄養状態の改善など、さまざまな要因により、現在では35歳以上の初産婦と定義されています。
では、35歳以上で妊娠、出産するということは、どんなリスクが伴うのでしょうか。
ここでは、年齢の変化による妊娠への影響、リスクなどと合わせて、妊娠・出産の適齢期について考えてみましょう。

卵子の減少

妊娠とは、医学的にいうと『卵子と精子が受精し、受精卵となり子宮に着床した状態』を言います。精子は男性の体内で絶えずつくり続けられますが、卵子は数に限りがあります。出生して間もない赤ちゃんの頃がもっとも多く、初潮を迎える頃には1/3まで減少し、30代後半になってしまうと、残りわずか数%と言われているのです。卵の数が減るということは、単純に考えて、そのまま妊娠の確率が低くなると言えるでしょう。

妊娠能力

卵子の数が減少することは紹介しましたが、同時に30代前半になると、20代よりも不妊率が上昇しはじめます。具体的な数字を挙げると、20代前半での不妊率は6%、後半では9%ですが、30代前半になると15%にまで上昇し、後半には30%という数値にまで上昇するという研究結果も報告されています。ちなみに、40代前半では64%と、30代を皮切りに倍の数値に上昇していくことになります。

婦人科系疾患

年齢とともに考えなければいけないもののひとつに、病気、特に婦人科系疾患が挙げられるでしょう。20代での発症率が低い子宮筋腫や子宮内膜症などは、加齢とともに発生しやすくなり、たとえば子宮筋腫では、30代後半から40代になると、実に35%、つまり3人に1人の割合で発症していると言われているのです。婦人科系疾患を発症すると、当然ですが妊娠の確率に確実に影響してきます。場合によっては切除手術を行う必要性があるなど、妊娠以前の問題に直面する可能性すらあるのです。

男性機能の衰え

加齢は、なにも女性側だけがリスクを負うわけではありません。男性の場合も性欲の減衰や性機能そのものもが衰えてくる、という問題があります。

妊娠適齢期とは

さて、加齢によるリスクをいろいろな角度から考えてきましたが、それでは妊娠適齢期とはいつなのかを考えてみましょう。実際には妊娠適齢期とは適齢年齢が定義されているわけではありません。しかし、年齢を重ねるに従い、ここで紹介したような多くのリスクが比例して増えてくるのも事実です。そう考えると、少なくとも30代前半までには初産を経験しておきたいところ、と言えそうです。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.