ストレスと不妊症について

ストレスと不妊について説明します。ストレスには原因がいくつかありますが、その影響は同じです。ストレスを受けた身体は中枢神経にダメージを与え、ホルモンバランスを変化させ、それがやがて生殖機能の弱体化へとつながります。不妊自体に悩む不妊ストレスにも注意が必要です。
トップページ不妊症の基礎知識ストレスと不妊症

ストレスと不妊

ストレスと不妊

ストレスと不妊。一見、あまり関係ないもののように感じるのではないでしょうか。しかし、ストレスと不妊には、深い因果関係があるのです。ここでは、普段の生活で感じるストレスと、不妊ストレスについて考えてみましょう。

まずは日々の生活の中で感じているストレスについてですが、このストレスは妊娠に対して、男女ともに悪影響を及ぼすことがわかっています。女性の場合、ストレスを受け続けると、中枢神経に影響を与えホルモンバランスを崩してしまいます。ホルモンバランスの崩れは生殖器官の機能低下を招きます。機能が低下するということは、妊娠にしにくくなるということ。男性の場合は、ストレスが原因で勃起不全(ED)や射精障害などを引き起こす恐れがあります。また、精子の数が少なくなったり、元気のない精子をつくり出すなどの症状も確認されているのです。
このように、男女とも、ストレスは妊娠には不利な状態をもたらす危険性が大きいと言えます。

もちろん、現代社会でストレスのない生活を望むのは難しいことなのかもしれません。しかし、赤ちゃんを望んでいるのであれば、これらを考慮し、積極的にストレスを発散させるよう工夫してみましょう。

次に、不妊ストレスについて考えてみます。不妊ストレスとは、「なかなか赤ちゃんができない」と悩み、それが精神的なストレスにつながることを指しています。子どもができず不妊治療を始めたものの、まったく妊娠の兆しがなく、治療をやめた途端に妊娠した、という報告もあるくらいです。妊娠は自分でコントロールできるものではありません。文字通り『授かりもの』でもあるので、あまり思い悩まず、いつか妊娠したらいいな、くらいの気持ちでいることも大切です。それよりも、愛するパートナーと充実したセックスを楽しむくらいの心の余裕が、結果的に妊娠への近道になるのかもしれません。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.