不妊症の基礎知識について

不妊症の基礎知識を紹介!男女別の不妊症の原因や検査内容、不妊治療の種類ほかを掲載。また精子や卵子の老化、妊娠適齢期、ストレスと不妊症の関係などの知識も紹介しています。医師による治療をご希望の方にもクリニック情報を掲載、病院選びの参考になります。
トップページ不妊症の基礎知識

不妊症の基礎知識

不妊症の基礎知識

不妊症の基礎知識を少しでも学んでおくことは、これから不妊治療を行おうとしている方も、現在治療中の方にとってとても大切です。 こちらでは、不妊症の定義、原因と症状、治療とその種類などの基礎的な部分のほか、男性の不妊治療やその種類、不妊治療における病院の選び方まで幅広く取り上げ、不妊症でお悩みの方が最適な治療を受け改善するためのお手伝いを致します。

何がどうなれば「不妊症」なのか。不妊症の定義は素人には判断付きにくいものです。産婦人科の定義によれば『定期的な性生活を送り、とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合』を不妊症と認定されます。つまり、思ったより長いのです。たいていの場合、半年も妊娠が無ければ不妊症を疑い、悩むでしょう。こちらではほんとうの「不妊症」とは何かを正しく知り、病院での治療をスムーズに行うための予備知識を掲載。

不妊症と一口に言ってもその原因は様々です。治療にはその原因の究明が不可欠となりますが、検査しても原因すら分からないというケースが多数あります。また一般的に不妊の原因は女性にあると思われている傾向が強いため、本当の原因がどこにあるのかを正しく理解しないことには、解決までたどり着くことができません。ここでは男女の不妊原因とその典型的な症状について取り上げ、不妊症を正しく理解するお手伝いをします。

女性の不妊治療にはさまざまな疑問、治療に対する不安がつきものです。まずは不妊検査ですが、女性の検査には一般的に2種類あり、「一般不妊検査」と「特殊不妊検査」があります。これらの検査後に、異常があると認められた場合、実際に不妊治療が行われます。治療は、性交のタイミング治療、薬物治療、外科手術による治療と段階を踏んで行われていきます。検査・治療ともそれぞれ詳細情報はこちらからご覧ください。

女性の不妊治療にはいくつか種類があります。治療法によって2つのカテゴリーに分類され、一つは「一般不妊治療」もう一つは「生殖補助医療」です。前者の場合、性交のタイミング指導や薬物治療、手術、人工授精など4つの治療方法があります。生殖補助医療は一般不妊治療で解決しなかった場合に行われます。具体的には体外受精、もしくは顕微授精です。高度医療のため、保険適用外という特徴もあります。

妊娠出産適齢期は、特定の年齢が適齢期とされているわけではなく、初産年齢が上がれば上がるほど、妊娠におけるリスクが高まることを総合して表現している、いわばキーワードのようなものです。年齢が上がれば、卵子の数も減少しそれだけで妊娠の確率は低くなります。それだけでなく、子宮筋腫などの婦人科系疾患などの罹患リスクもあります。ここではそういった妊娠や出産の適齢期について、お役立ち情報を掲載しています。

男性の不妊治療なんてあるの?と、意外に思うかもしれませんが、不妊原因の50%は男性起因のものです。男性不妊の原因は主に「性機能障害」と「精子異常」に分類されます。男性不妊の場合も女性と同様に、原因に合った治療方法が求められますが、正しい知識が必要不可欠。一人で悩み、間違った治療方法を行わないためにも、少しでも不妊を疑ったらクリニックを訪れると良いでしょう。

男性の不妊治療は、勃起不全、膣内射精不能と早漏・遅漏、逆行性射精、精子異常などそれぞれの原因に合った治療方法が採られます。勃起不全では主にバイアグラなどの薬物療法がメインです。精子異常の場合は2種類あり、原因が特定できる場合は薬物療法や手術による原因の除去を、原因が特定できない場合は体外受精などの方法が採用されます。男性の不妊治療は自分で行わず、医師への相談を行ってからのほうが良いでしょう。

卵子も精子も加齢とともに老化します。卵子の老化は卵子が胎児期に作られ、その後は作られないため、年齢とともに減少していきます。
また卵子そのものも老廃物が溜まり劣化します。精子は加齢とともに精子の生産能力が低下し、40代以上の男性の場合染色体異常のリスクも高まるなどの弊害も。ここでは、加齢に伴う卵子・精子の老化とその問題について取り上げます。

ストレスと不妊症は一見関係のないことのように思えますが、実は深い因果関係があります。ストレスを受けると体内のホルモンバランスが変化し、生殖機能の低下を招き、それが妊娠力の低下へとつながっていきます。
妊娠できない事に悩む、不妊ストレスというのもあり、ストレスの不妊の関連性は非常に大きいものです。こちらではその関係性を詳しく説明し、ストレスから解放されより妊娠しやすい環境づくりができるヒントがあります。

不妊治療を行う医療機関にはいくつか種類があります。大きく分けると大学病院や公立病院などの「総合病院」、もしくはクリニックなどの専門医です。つまり不妊治療は産婦人科の専売特許ではないのです。病院別の治療方法や治療方針などの特徴を知ることで、病院選びで迷うことも無くなるでしょう。
不妊治療には精神的にも肉体的にもストレスがかかります。なるべくスムーズに治療が行える病院選びは必須です。

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.