夫婦でできる不妊症対策について

夫婦でできる不妊対策を説明します。「妊娠体操」「マッサージ」「セックスの仕方」「セックスレスの解消方法」「性欲促進法」など、お役立ち情報が満載。不妊対策は男性と女性パートナー同士が手を取り合って一緒に進めていくことが大切。まずはできることから始めていきましょう。
トップページ夫婦でできる不妊症対策

夫婦でできる不妊症対策

不妊症の基礎知識

女性だけでなく男性にも同様に不妊の原因があります。不妊治療は夫婦で対策を立て進めていくことが必須です。ここでは夫婦でできる不妊症対策として、「妊娠体操」「マッサージ」「セックスの仕方」「セックスレスの解消方法」「性欲促進法」「赤ちゃんについて」などを取り上げ、夫婦で不妊について向き合っていくためのヒントを数多く掲載しています。取り組みやすいものから始めてみませんか?

妊娠体操は難しいものではなく、誰でも簡単にできる不妊症対策です。実はウォーキングこそ妊娠体操と呼ぶにふさわしいものです。毎日無理なく続けられますし、妊娠にも好影響なので、続けて損はありません。なぜ妊娠に良いのかというと有酸素運動で、腹式呼吸による血流の増加が様々な臓器に十分な栄養を与え、それはやがて脳にも届き、ホルモンバランスの安定化が結果的に妊娠しやすい身体を作っていきます。

妊娠マッサージも妊娠体操と同様に、間接的に妊娠力を高めていく効果を持っています。パートナーとともにリラックス状態になり、ホルモンの分泌が活性化されます。さらにお互いが身体に触れ合うことでも距離が縮まり、よりセックスしやすい雰囲気作りにも役立つでしょう。コミュニケーションを深め、メンタル面の安定も得られる妊娠マッサージ。妊娠対策の一つとして実践して見てはいかがでしょうか。

セックスの回数を増やせば妊娠する確率も高まり、不妊対策に良いのではないか?間違った考え方ではありませんが、もっとも良い方法は「満たされたセックス」をすること。パートナーの愛を感じ、心と体の両面での満足を得られれば、女性の身体は妊娠するための準備を整えます。それを実現してくれるのはオーガズム。セックスがより濃密になり、お互いの中も深まり、自然と回数も増え、妊娠の可能性も高まっていきます。

セックスレスは妊娠そのものの可能性がゼロになるので、根本的な改善が必須です。原因はいくつかあります。仕事のストレスや疲れ、セックスそのもののマンネリ化、生活リズムのズレ、夫婦の不仲や距離感、勃起不全などさまざま。
こちらではセックスレスにおいて、男性が拒否している場合の原因を一つ一つ取り上げ、1日でも不妊が解決できるようにお手伝いします。

セックスレスへの対処は、赤ちゃんが欲しいと思う人々の共通の悩みです。性欲は三大欲求の一つでそれが妨げられている=何らかの原因があり、その原因には対処方法があります。こちらではストレスや、生活リズムのズレ、夫婦の不仲など、妊娠を妨げる原因に対し、それぞれの対策をわかりやすく提案しています。セックスレスの対処方法として役に立つマメ知識がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

性欲の促進はセックスしたい気持ちを呼び起こし、セックスの回数を増やし、妊娠する確率をあげるために必要です。元気がない、疲れている状態ではセックスどころではありませんから。こちらでは男女別に性欲を促進する方法を、食事やサプリメント、スキンシップなどコミュニケーションの両面からご紹介します。相手のパーソナリティ面も踏まえて考える必要がありますが、意外と思うことが案外効果的かもしれませんね。

子供をつくり、産み育てること。そこには人間として何物にも代えがたい喜びと感動があります。そして全力で愛情を注ぎ、わが子の成長を見守ることは自分自身の成長にも大きく影響するでしょう。子どもを作る意味は、そうした喜びとともに、命という尊いものを預かる責任も負わなければなりません。その覚悟を自分自身、パートナーが持っているか、一度二人で話し合うことは、妊娠について真剣に考える良い機会となるでしょう。

赤ちゃんが自分の家に来る、想像しただけで幸せですね。でも赤ちゃんは生きています。生きている限りいろいろなことが起きます。授乳、おむつ替え、ねんねはもちろん、急な発熱など不測の事態も起こり得ます。赤ちゃんがいて、生活がどのように変わるのかを想像することは難しいですね。また生活の変化だけでなく、心の変化、夫婦関係、親兄弟との関係も変化します。そのような変化に対応できる準備をしておきましょう。

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.