手軽にできる妊娠体操

妊娠体操は自宅やオフィスなど空いている時間やスペースでいつでもできます。その効果は抜群で、骨盤内の環境を整え子宮の状態も妊娠しやすい状態に変化していきます。また肩こりや厳正疲労など、間接的に妊娠の敵となる症状についても対処方法を紹介しています。

妊娠体操

妊娠体操

体操すると全身の筋肉、骨格がほぐれます。妊娠と関係のある骨盤は特に動かしたい場所。自宅やオフィスで手軽にできる体操やマッサージをマスターして、妊娠しやすいカラダを作っていきましょう。体操によって血流量が増えれば、骨盤内にある子宮や卵巣など大切な臓器も正常な働きを確保できます。こちらでは「妊娠体操」のやり方をご紹介し、理想的な骨盤づくりと健康的な生活を実現できるようにお手伝いします。

手軽にできる妊娠体操

自宅やオフィスで気軽にできるマッサージ・体操で骨盤を動かして、妊娠しやすい身体をつくりましょう。


骨盤内の環境を整える

骨盤の中は、子宮や卵巣、膀胱や腸などの、女性の健康に欠かせない臓器がおさまっているため、構造が複雑で血液の循環が悪くなりやすい場所でもあります。子宮を支える骨盤底筋を鍛えることは、骨盤のゆがみを予防するだけでなく、血流をよくすることで、正常な排卵を促すことになります。また、血流をよくすることは、冷え性の改善にもつながります。

■やってみよう♪
通勤中にトレーニング
かかとを揃えて、足の先は広げた状態で、背すじを伸ばして立つ。かかとを高く上げたら、床に接地する直前まで戻し、内ももに力を入れつつ、お尻の穴を締めながら胸を張ります。その姿勢を10秒ほど維持しましょう。
自宅、オフィスでトレーニング
お腹に力を入れないよう、椅子に深く腰掛け、膣と肛門の周りの筋肉を締め付け、緩めたりの動作を、5秒間ずつ10回ほど繰り返し行いましょう。

眼精疲労や肩こりも要注意

理想的な骨盤づくりにおいて、忘れられがちなのが、目の疲れや肩こりについてです。頭と肩と骨盤は背骨を通じてつながっているので、どこか1ヶ所が緊張すると、全体に影響を及ぼしてしまいます。理想的な骨盤をつくるためには、頭と肩の緊張をリラックスさせることも大切です。

■やってみよう♪
目の疲れを癒す
目に関してのツボがたくさんの耳を引っ張り、眼精疲労を癒しましょう。楽な姿勢で座り、呼吸を深く取りながら、親指と人差指で耳の上をつまみ、上にひっぱります。次に、耳の真ん中をつまみ、横にひっぱります。そして最後に、耳の下をつまみ、下にひっぱります。
肩の痛みをほぐす
背筋を伸ばすよう意識し、肩に指先をつけます。そのまま、肘を後方に回し、円を描くようにゆっくりと、ぐるぐる回しましょう。両肩とも30秒程度が目安の時間です。

骨盤が歪んでいたり、柔軟に動かない状態だと、ホルモンの分泌や血液の循環が滞り、順調な排卵が起きにくく(妊娠しにくく)なるだけでなく、普段の身体の不調にも繋がってしまいます。健康的で妊娠しやすい骨盤をつくりあげ、いずれ授かる赤ちゃんを待ちましょう。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.