鍼灸で不妊症対策

鍼灸で不妊症対策する場合、リラックス効果、冷えの改善、ホルモンバランスの安定、内臓機能の活発化など、鍼には自律神経の安定をはじめとした様々な効果が期待できます。妊娠しやすいカラダ作りにも効果があるため、鍼灸による治療も対策の一つとして考えてみてはいかがですか?
トップページ妊娠しやすいカラダ作り鍼灸で不妊症対策

鍼灸で不妊症対策

鍼灸で不妊症対策

身体のどこが悪いのかわからないけれど、どこか調子が悪い。そのように感じている方は少なくないのではないでしょうか。鍼灸は、東洋医学の治療法として、身体全体をひとつのものとして認識し、さまざまな効果を与えることを目的としています。よって、総合的な鍼灸による治療は、身体を妊娠しやすい状態に整えてくれる効果が期待できます。
ここでは、鍼灸による妊娠しやすい身体づくりの効果を紹介します。

リラックス効果

緊張した筋肉を触診で把握して鍼で刺激を与えることで、筋肉や神経の緊張がほぐれ、心身ともにリラックスできます。リラックス効果は精神面の安定につながるため、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

冷えの改善

冷え性の女性は、手足だけでなく、内臓が冷えていることも多く、生理不順にも陥りがち。神経を鍼で刺激することで、細かい血管が開き、血液の循環がよくなります。これは、血流の増加につながるため、冷え性の改善、生理周期の安定化が期待できます。

ホルモンバランスの安定

鍼灸は、自律神経機能を高め、身体の免疫力を高めることに治療の本質があると言われています。自律神経が整うことによって、生殖器官への血行不良も改善されるようになるので、ホルモンの働きを正常な状態に維持することができ、生理周期も安定しやすくなります。

内臓機能の活発化

日々のストレスや緊張などで自律神経は乱れることがあり、自律神経の乱れは内臓機能の低下につながりやすくなります。ツボを症状に応じて的確に刺激することで、内臓そのものの血流や細胞周囲に働きかけ、機能を活発化させる効果があります。

以上のように、鍼には自律神経の安定をはじめとしたさまざまな効果が期待できます。鍼灸院にはさまざまな専門がありますので、妊娠しやすい身体づくりにとどまらず、心身ともに健康な身体づくりにも効果が見込める鍼治療を気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

 

▲ PAGE TOP

Copyright© 2014 女性不妊治療の病院紹介 All Rights Reserved.